がんばろう日本

全国の被災地を応援します


ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • HUSKY3DヘッドTraditionalModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • 雲台アクセサリー

クランプ

  • KIRKクイックリースクランプ
  • Arca-Swissクイックリースクランプ
  • Wimberleyクイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

KIRKカメラマウント

  • カメラマウント
  • カメラマウントアクセサリー

KIRKレンズマウント

  • レンズマウント
  • レンズマウントアクセサリー

KIRK撮影用品

  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • スタジオJinのクランプインストールサービス

カレンダー

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤文字の日は休業日です

商品コード:
SS-1N

【KIRK】Newセキュリティーストラップ

  • NEW

KIRK Enterprise Solutions(KES)により設計された、レンズ三脚座もしくはボディにも装着可能なクイックリリース方式のストラップです。モデルチェンジされたクランプは開閉ノブをわずかに緩めるだけでプレートのスライドが可能となるのは従来通りですが、ノブの駆動に特殊なネジを使用することにより半回転させるだけでクランプが完全に開きます。ノブを握り直す必要すらなく、まさにワンアクションでストラップの着脱が可能となりました。ノブ式はロック/アンロックの手ごたえがわかりやすく、スライド時にはプレートのセーフティスクリューが機能しますので、不注意による脱落事故の確率も低くなります。

ストラップ部分はしっかりしたナイロン製の25mm幅ワイドタイプで、クッション入りショルダーパッドには裏面に滑り止め加工もされています。ダブルバックルで自在に長さ調節もでき、最大で約140cmと充分な長さがあるのでたすき掛けスタイルにも対応。重量級のレンズでもバランスよく持ち運ぶことができます。このストラップがカメラバッグに入っていればワンタッチで三脚座に装着して持ち運べ、必要がない時にはワンタッチで取り外しができます。

この「必要がない時」というのは収納時も考えられますが、大事なのは三脚に据えた時です。機材から垂れ下がったストラップが風を拾ってしまうことに起因するブレは特別な強風時でなくても頻発しますし、そのことに気づかれない方も多いようです。もちろんうっかりどこかに引っ掛けてしまって三脚ごと倒してしまうという事故も珍しくはありません。ご自分でなくても一瞬目を離した隙にお子さんが引っ張ってしまった、さらには犬が飛びついた! なんて話も伺います。結論としては機材を三脚に据えたときには長いストラップがついていることにはデメリットしかなく、クイックリリースで一瞬で取り外すことができる意味はここにあります。

クランプ裏面にはアルカスタイルのクランプに装着できるダブテイルと三脚ネジ穴(1/4-20in細ネジ)が設けられています。一脚にクランプを介して、もしくは直接装着すれば一脚用ストラップ+クイックリリースクランプというのもひとつの使い方です。

もちろんカメラプレートがついていればボディ底部にも、L-ブラケットがついていればサイド部にも取り付けることができ、常にグリップが下に来るので速射ストラップ的な使い方も可能です。

また底面形状は正方形ですので、簡易的なクランプ方向の切り替えにも使用できます。クランプの両側にストラップホールがついていますので1点で吊り下げるタイプのストラップのように機材が回転してしまうこともありません。様々な撮影スタイルに対応し、アルカスタイルの新しい可能性を広げてくれるアイテムです。

※カメラボディにこのストラップをセットするには、

・カメラボディにKIRK製L-ブラケットを装着

・カメラボディにKIRK製カメラプレートを装着

いずれかが必要となります。

また純正三脚座が装着されている、またはオプション装着可能なレンズにこのストラップをセットするには、

・純正レンズフット部分をKIRK製レンズフットと交換

・純正三脚座をまるごとKIRK製リング式三脚座と交換

・純正三脚座の底面にKIRK製レンズプレートを装着

いずれかによりレンズ三脚座がアルカスタイル化されていることが必要です。

全てのKIRK製カメラマウント・レンズマウントには直接装着することができます。ご使用の機材に合わせてお選びください。

※商品画像にはクランプのモデルチェンジ前の旧製品が含まれます。

※クランプ開閉にテンションを与えるスプリングの一部に不良品が混入していることがわかりました。スプリングが内部で曲がってしまい並行に開閉しなかったり、完全に閉まらないといった個体をがまれに存在することを確認しております。スプリングは外製ですのでKIRKのミスというよりも部材メーカー側の製造ミスなのですが、もちろんお買い上げから1年以内の商品であれば当店にて無償修理をいたしますのでご連絡ください

スプリングは左右2本使用されておりますが、2本とも日本製のステンレススプリングに交換いたします。お買い上げから1年以上経過されている場合は工賃と部品合わせて1,200円(税別)にて承ります。純正スプリングとは異なるものをあえて使用しますので、開閉の感覚や手で押し戻したときの固さはほんの少し異なります。比較してみて初めて気づくほどの若干の差ですが、信頼性を優先した結果の判断ですのでご了承ください。

適 合 全てのKIRKカメラマウント/KIRKレンズマウント/他社アルカスタイルプレートを使用のうえカメラまたはレンズ三脚座に装着
材 質

本体:6061-T6アルミ合金から削り出し成型

ストラップ部:ナイロン製・ショルダーパッド付き

重 量 約180g
クランプ部 クランプ幅:1.8インチ(爪幅約46mm)
生産国 アメリカ合衆国
出荷予定日

【在庫がある場合】

▶クレジットカード・代金引換決済 ⇒ ご注文確認の次営業日に発送

▶銀行振込決済 ⇒ ご入金確認の次営業日に発送

【在庫がない場合】

▶在庫:0の表示でもご注文いただけますが予約注文となり、原則として翌月の入荷となります

 (一時的なメーカー在庫切れの場合の納期は別途お知らせいたします)

配送方法

送 料

ゆうパック画像

・郵便局のゆうパックにて全国一律800円(税別)でお届けします

・他の商品と一緒にご注文で同梱が不可能な場合には送料変更の可能性があります

・離島や地域による追加料金をいただくことはありません

・その他の配送方法には対応できません

当店販売価格(税込):
12,420
(税抜):
11,500
ポイント: 115 Pt
関連カテゴリ:
KIRK 撮影用品 > ストラップ・アクセサリー > ストラップ
数量:

在庫: 0

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください

  • ストラップレスがこんなに素晴らしいとは

    2017/10/30 投稿者:トキ おすすめレベル:★★★★★

    表題の通りです。
    多くの人はカメラにストラップを付けていると思いますが(むしろ常識?)、時折邪魔になる事も確かです。商品説明でもありますが、三脚使用時に引っかけや風による影響を考えるとストラップは無い方が良いのです。三脚を使用しない場合は逆にあったほうが落下のリスクを軽減されます。
    これらの利点を損なわずにリスクを軽減させるアイテムとしては画期的ではないのでしょうか。
    肩掛けのパッドは滑り止めになっていて、地道に使い勝手が良いです。
    あとは着脱の頻度が多くなるので、慌てて装着してクランプをミスって落とさないように注意しましょう。一度落としかけました。

    紐の長さは一般のカメラストラップに比べてかなり長いです。どんな長身の方でも首掛けで対応できます。この辺は流石アメリカ製と言ったところでしょうか。

    店舗より : 2017/10/30
    構造上、クランプが少しでも緩むとプレートが滑って抜けてしまう恐れがありますのでその点だけは充分にご注意ください。
    ベルト部分はお好きなものに付け替えられている方も多いようですが、湾曲通りに肩にかけるとクランプ開閉ノブが体と擦れない外側にくるようになっています。
    私はL-ブラケットの左側立ち上がり部分にセットすることが多いのですが、グリップが常に下向きになるので握って持ち上げればベルトの荷重が抜け、速射ストラップ的にすぐに構えることもできます。
    CA-1ハンドストラップと共に、私もお気に入りのアクセサリーです。

  • 私にとっては大変便利です

    2017/03/27 投稿者:alberich おすすめレベル:★★★★★

    複数台のカメラを持ち運ぶ時、カメラ毎にストラップを付ける必要が無くなります。私にとってはそれがとても便利です。ロングレンズのストラップも外してしまいました。バッグから出す時にストラップを付ければ良いのです。
    ただ、注意してください。それって全てのカメラにARCAのプレートが必要になります。対象のレンズもレンズフット部を ARCA にしなければなりません。ま、一度 ARCA を使ってしまうと全て ARCA にしたくなりますけど。
    また、三脚に取り付けた時にストラップを外すことによって風の影響を無くすことができるというメリットも大きいです。これは Studio Jin さんとのやりとりで Jin さんが特に強調していたのですが、自分もその経験をしていたので大いに納得です。
    かなりがっちりしているのでロクヨンといったロングレンズでも安心して使えますが、クランプ部は(ノブ部も)思っていたより大きいです。
    ボディかレンズに取り付けていれば問題無いのですが、クランプ部が金属なのでバッグにレンズやボディと同じ場所に気軽に入れると互いに当たって塗装が剥がれたりするなどが考えられます。
    ストラップ自体はちょっと安っぽい感じがします。また、注意書きの通りに取り付けないと重さでズレてカメラやレンズを落とす可能性があります。でも注意書きを守ればそれについては全く問題ありませんのでご安心を! 肩当て部は滑り止め加工のようなものがされているようで、担いでいるときに肩のところで滑り難くなっています。

    最後にこのストラップの "最大の欠点" をお知らせします。
    それは...  ストラップを忘れることがある! です。2回ほどやらかしました〈爆〉

    店舗より : 2016/03/27
    私も元々いちユーザーでしたので、この便利さに慣れてしまうと全ての機材をアルカスタイル化したくなってしまい、結果的にそうなりました。
    セキュリティーストラップは必要な時に装着し、必要でないときに取り外してプレート側に部品が残らないところがいいですね。
    クランプの両脇にストラップがつくので1点吊りした時のように機材が回転しないことも使いやすさにつながっていると思います。

  • とても便利で愛用しています

    2015/10/15 投稿者:ゆきひこ おすすめレベル:★★★★★

    AF-S 300/4 用に購入しました。ストラップ付きのクランプに、レンズと一脚を同時に装着できるので便利です。
    パッドも幅と厚みがあり肩に食い込まず、肩に掛けたまま長時間の移動も平気です。

    三脚座のある望遠レンズだけでなく、プレート付きのカメラにも装着できるのが良いです。L型プレートなら、縦吊りもできます。
    このストラップを購入してから、カメラに付けていた普通のストラップは外してしまいました。ただ、コンパクトカメラや小さな単焦点レンズを付けた一眼レフの場合はストラップが大げさに感じるので、クランプやストラップがもう少し小さいバージョンがあれば良いと思います。

    店舗より : 2015/10/15
    私も個人的に愛用しています。カメラボディにはCA-1のみです。
    三脚に据えるときに長いストラップがついていると引っ掛けたり、風を拾ってブレの原因になったりといいことがないのですが、なんといってもワンタッチで取り外せるのが便利ですね。
    QRC-1や1.3Rを使えば小さいバージョンも作れるのですが、一点吊りだとどうしても回転してしまうのがネックです。