ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • HUSKY3DヘッドTraditionalModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel(新発売)
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • 雲台アクセサリー

KIRKクランプ

  • クイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

  • Lブラケット
  • カメラプレート
  • カメラプレートアクセサリー

KIRKレンズプレート

  • レンズフット
  • リング式三脚座
  • レンズプレート
  • レンズプレートアクセサリー

KIRK撮影用品

  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • スタジオJinのクランプインストールサービス

カレンダー

2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤文字の日は休業日です

KIRKとReally Right Stuff

やっぱり気になるライバル比較~その2~

KIRKでは、プレートを固定するクランプはあえてノブ式しか製造されていません。これはKIRKのこだわりの一つですが、締め込んだ感覚を指先で感じられるのでロック/アンロックの手ごたえがわかりやすく、一番避けなければならない脱落事故の確率を低く抑えることができる、というのがメーカーの主張です。個人的にもノブ式の安心感が好きなので、いままでReally Right Stuff(以降RRS)社のクランプを購入する時もノブ式を選んできました。そこでライバル比較第2段はクランプ比較です。

自由雲台やクイックリリースクランプの紹介ページにも各商品ページにも記載してある通り、KIRKのノブ式クランプは使い勝手にもこだわって製造されています。ノブ式の弱点となりうることは、着脱の時の手間でしょう。確かにレバー式のほうが見た目にも着脱は簡単そうです。しかし両社のクランプを並べて使い比べてみると、必ずしもそうとは言い切れない部分が見えてきます。

KIRKのノブ式クランプの動作
K101.jpg画像 K102.jpg画像 K103.jpg画像
固定位置 1/4回転 ちょうど1回転

KIRKの代表としてBH-1に装着されている2.5インチ幅、約60mmのクランプです。わかりやすいようにテープで固定位置を真上にマーキングしてから撮影しました。

KIRKのクランプはノブのネジのピッチ(ネジ山とネジ山の距離)がミリネジよりも広いので、固定位置から解放までの回転数が少なくて済むという利点があります。固定位置から1/4回転というよりも、わずかに緩めるだけでスライドさせることができ、ぴったり1回転、360度回せば上方向に取り外しができる位置まで開くことができます。

ノブを指先で掴み、180度ずつ「クルッ、クルッ」と2回まわせば取り外しができるというのは、慣れると本当にスピーディです。そのままボディを縦位置にして、また2回「クルッ、クルッ」で固定です。固定にもそれほどの力は必要ありません。機材の重さに適合するクランプ幅のものを使用していれば、本当に指先の力だけでがっちりと固定され、ガタが出るようなこともありません。

RRSのノブ式クランプの動作
R101.jpg画像 R102.jpg画像 R103.jpg画像
固定位置 1/4回転 2回転と30度ほど

RRSのノブ式クランプは店長の私物で、B2-Pro/Lという80mm幅のモデルです。ハスキーヘッドからコルクを剥がし、ドリル&タップ加工をして1/4-20inのボルト2本で直接固定してあります。同じようにノブの固定位置をマーキングして撮影しました。

RRSのノブはピッチが細かく、解放させるまでの回転数がKIRKより多くなります。スライドは同じようにわずかに緩めるだけでいいのですが、上から取り外すまでには2回転でも足りず、さらに30度ほど回さなければなりませんでした。角度でいえば750度ということになります。

先ほどと同じように180度ずつ回していくとすれば、4回では外れないので5回まわす必要があり、かなりクルクル回さなければ上からは外せないという印象です。当然装着にも同じだけの手間が必要で、素早い機材の交換にはKIRKが優位です。もちろん固定力そのものはRRSも問題なくがっちりと固定され、ガタも出ません。

次にレバークランプですが、これはRRSにしかありませんので比較することはできませんが固定力に問題はありません。

画像のクランプはRRS製のFASクランプというモデルで、カメラ固定用のクランプはレバー式、レールスライド用のクランプはノブ式というちょっと変わったクイックリリースクランプです。ライバル比較その1で結論づけたように、KIRK製のL-ブラケットBL-D3を装着してみてもしっかりホールドしています。

R202.jpg画像

レバー式の利点はレバーが固定位置にあるのか、中間位置でスライドできるのか、完全に開いているのかが目視で確認できるという点が一番大きいような気がします。またレバーはクランプ本体よりも薄いので、どうしてもノブの丸みがクランプよりも厚くなってしまうノブ式よりも取り付け場所の自由度は上がります。

ただしレバーでの固定は確かにワンタッチですが、実際には思った以上に力が必要な場合があることに注意が必要です。開放位置から中間までのレバー操作に力は必要ありませんが、スライド位置から固定位置にレバーを動かす時には少し強い力で押す必要があり、同じようにロック位置から中間へ動かすにも指先でちょっと、という感じではありません。このレバー操作に気を取られ過ぎていると、三脚が不安定になったり機材がぐらついたりする場面もありますので慣れが必要です。クランプとプレートの組み合わせにもよりますが、実際に使ってみないとわからない点です。

なおレバーリリースタイプのクランプに限ってはRRS同士でも相性があり、レバー操作の比較的容易なものとかなり固いものとが存在します。店長個人所有の複数のレバー式クランプに同じプレートを装着しても、それぞれレバー固定に必要な力が違います。RRSのプレートに比べますとKIRKの方が若干幅が広めなものが多いためレバーの操作感に違いが出る可能性があります。あくまでも異なるメーカー同士のマッチングであることにご注意ください。

それぞれの会社の設計思想の違いはもちろんありますが、ユーザーの好みや使い方、機材と撮影の場面によっても「これが一番使いやすい」というモデルに違いが出てくることは当然のことです。

種類の豊富さではRRSが優位ですが、お互いに他社にはない製品ラインナップもあり、さらにレンズプレートやマクロ用品、パノラマ用品などにもそれぞれのメーカーの考え方に違いがあって面白いのですが、現在RRS製品は国内で入手できないという点が残念です。

今後RRS社製品も国内でご紹介できるよう、コンタクトは取り続けていくつもりいますが、実際に両社の製品を手に取って見比べられる場所を作れればいいな、と思っています。

(2016年1月に加筆修正しました)