ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • HUSKY3DヘッドTraditionalModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel(新発売)
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • 雲台アクセサリー

KIRKクランプ

  • クイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

  • Lブラケット
  • カメラプレート
  • カメラプレートアクセサリー

KIRKレンズプレート

  • レンズフット
  • リング式三脚座
  • レンズプレート
  • レンズプレートアクセサリー

KIRK撮影用品

  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • スタジオJinのクランプインストールサービス

カレンダー

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

※赤文字の日は休業日です

ネジ・六角レンチについて

ちょっと雑学とオススメ工具のご紹介

ネジには本当に様々な種類がありますが、木工用や配管、電球などを除くいわゆる「ボルト&ナット」では、現在は日本やヨーロッパで広く使われているミリネジと、アメリカを中心として使われているインチネジの2種類が代表的なネジの規格です。

身近な例では、日本やヨーロッパのクルマやバイクはミリネジで組み立てられ、アメリカ車やハーレーなどのバイクはインチネジで組み立てられているものが多いです。最近のアメリカ車はミリネジが使われているものも増えてきていますし、古いイギリス車はまた別のインチ規格だったりしますが長くなるのでやめますね。

ここから本題です。カメラと雲台を固定するためのネジや三脚と雲台を固定するためのネジは、日本製も含めて世界中ほとんどがインチネジで統一されています。「なぜ?」と疑問に思うところですが、誰かが使い始めてしまった以上は、他のメーカーが独自にミリネジを使ったとしても「この三脚にこのカメラは取り付けできない」といった問題が出てきてしまいかえって不便だからですね。ちなみにマイクスタンドやコンピュータの組み立てに使われているネジも一部がインチネジです。

コンパクトカメラから一眼レフまで、身近で目にするほぼすべてのカメラには1/4-20 UNCという規格のインチネジ穴が付いています。カメラネジとか細ネジとかいう別名で呼ばれていますが、工業規格としてはこれが正確な呼び方です。ネジ山の一番太い部分の直径が1/4インチで、ネジのピッチは1インチの中に20個の山がある、という規格です。1インチは25.4mmですので換算はすぐにできますが、ミリで表示するとかえってややこしくなるのでやめておきましょう。UNCはユニファイ並目という意味で、似た規格で主に建築分野で使われているウィットネジ(W1/4や1/4Wと表示されています)もありますが、正確には山の角度が違うので別の規格です。

もうひとつ、カメラネジの「細ネジ」に対して「太ネジ」とか「ドイツネジ」と呼ばれるネジがあります。主に中判・大判カメラや三脚と雲台を固定する部分などで使われ、正確な呼び方は3/8-16 UNCという規格です。同様にネジ山の一番太い部分の直径が3/8インチで、1インチ中に16個の山があるピッチです。

カメラと三脚関係を固定するネジはほぼこの2種類なので、覚えておいて損はありません。

ただし、もっと細かい部分・・・KIRKの製品でいえば、セーフティスクリューやキングコブラのクランプ位置調整ネジ、L-ブラケットのストラップリング固定ネジなど、それぞれ違った太さのインチネジが使われています。また三脚座のフット交換タイプなどはリング部分は日本製ですので、固定のネジはミリネジだったりします。

スタジオJinの商品ページにはできるだけ細かくネジの規格を書くようにしていますので、インチのネジ穴にミリネジを押し込んだりしないでくださいね(実際、無理をすると入ってしまうものもあります)。

ネジの規格がインチということは、それを回す六角レンチも当然インチ規格です。L-ブラケットやカメラプレート、レンズプレートなどを固定する1/4-20ネジの頭は5/32インチという規格の六角穴ですが、ミリに換算すると3.96875mmとなり、4mm規格の六角レンチには遊びのあるものが多いので大抵はすっぽり収まってしまいます。それを理解したうえで緊急措置的に使うことができる場合はありますが、あまりお勧めはできません。精度の出ていないレンチだと六角穴の奥まできちんと差し込めないものもあるからです。

セーフティースクリュー固定用の六角レンチは1/16インチ(1.5875mm)ですが、1.5mm規格の六角レンチでは遊びが大きすぎてレンチがネジに噛み込んでしまったり、六角穴をなめてしまって空転してしまうことが多くなります。3/16インチ(4.7625mm)など、ミリ規格の六角レンチでは全く適合しないものもあります。

付属のレンチはもちろんインチ規格のものですが、あくまでも付属品の域は出ないものです。頻繁に付け替えをされる方や工具にもこだわりのある方は是非、キチンとしたメーカーのインチ規格の六角レンチやヘックスドライバーを使われることをお勧めします。

「キチンとしたメーカー」といっても、世界に目を向けると六角レンチを製造している工具メーカーはたくさんあります。おそらく一番有名なのはPBスイスツールズ(旧PBボーマン)でしょう。その名の通りスイスのドライバーメーカーで、お国柄もあるかもしれませんがカラフルで仕上げも美しくしかも精密です。L型の六角レンチには独特の「しなり」があり、締まり具合や「これ以上力を掛けたらヤバイ」という手ごたえを伝えてくれます。

全ての面で平均点以上の製品を供給しているメーカーですし、実際に使ってみても確かに使いやすく不満点はほとんどないのですが、100点を取れないメーカーでもあるというのが店長の個人的な意見(好み?)です。PBのレンチ類ももちろん仕入れることはできるのですが、あえて別の2つのメーカーをご紹介したいと思います。

最初にご紹介したいのが、ドイツのWera(ヴェラ)という工具メーカーです。日本ではご存じない方が多いかもしれませんが、ヨーロッパではNo.1のドライバーメーカーだそうです。ここのレンチのいいところはヘックスプラスと呼ばれる、六角穴に面で接触するという構造にあります。

Weraのレンチを断面で見ると微妙に星形にえぐられていて、回転方向に力がかかったときにその面が六角穴の面に当たるので、ネジにもレンチにもストレスが掛かりにくく、ネジにやさしいレンチといえます。結果的に、なめかけてしまったネジでも回せることが多いようです。仕上げの美しさやデザイン性はPBにはかなわないかもしれませんが、工具としての性能は間違いなく世界最高級品です。

なかでも店長のオススメはロングアームで、長軸側がボールポイントになっているタイプです。このレンチは先端のみが六角形状で、それ以外は丸軸でプラスチックのスリーブもついているので、本締めで力をかけても指に食い込みません。またロングタイプといっても全長は14cmほどです。細いボールペン1本と変わりませんので常にカメラバッグに入れておいても邪魔になりません。

また六角ビットも同じく面接触のヘックスプラスで、プラスビットも世界最高との評価があります。必要なサイズとビットラチェットをセットで持っていれば完璧ですね。

もう一社ご紹介したいのが、アメリカの六角レンチ専門メーカーBONDHUS(ボンダス)です。六角工具では世界シェアの半分以上を占めているそうで、NASAでも使用され、ボールポイントの六角レンチを世界で初めて発明したメーカーとしても知られています。

ここのレンチはとにかく「硬い」です。PBの「しなり」とは対極にある感じですね。硬く締まったネジもぐいぐい回してくれるイメージです。また、六角穴へのフィット感も違います。慣れないと(慣れていても)六角穴に入れづらく感じるほど、ぴったりとフィットします。

他社のレンチは六角穴に入れやすく、抜きやすくするために多少の遊びがつけられているのに対して、ボンダスはその遊び幅を極力少なくして六角穴にフィットさせる、というスタイルです。仕上げはWeraよりもさらに荒削りな感じで、洒落っ気は全くありませんが、六角レンチでは最強ではないでしょうか。

こちらのメーカーからは「ゴリラグリップ」というナイフ型のレンチセットをご紹介します。9本のレンチがコンパクトに収納されていて、出先でも困ることはありません。

工具屋さんになるつもりはありませんが、ご紹介だけしてどこかで適当に買ってくださいというのはあまりに無責任ですし、ホームセンター等ではまず販売されていませんので、本当にオススメできる工具のみ当店でお分けしたいと思います。

(2016年1月に加筆修正しました)

オススメ工具
wera_hex.jpg画像

Wera(ヴェラ)

六角レンチ

ヘックスプラスロングアームボールポイント5/32インチ

プラスチックスリーブ仕様

1本だけ持つならこれ!です。

wera_bit_hex.jpg画像

Wera(ヴェラ)

六角ビット

ビットシリーズ1 840/1Z ヘックスプラス

差し替えドライバーにも使える世界最高級のビットです。

必要なサイズをビットラチェットにセットして使えば完璧です。

gorilla_glip.jpg画像

BONDHUS(ボンダス)

六角レンチセット

インチヘックスレンチ9本セット「ゴリラグリップ」

050・1/16・5/64・3/32・7/64・1/8・9/64・5/32・3/16

インチ規格の細い六角ネジは全部オマカセ!

おまけに防錆潤滑剤

防錆潤滑剤といえば日本ではKURE(CRC) 5-56が有名ですが、世界シェアNo.1はWD-40だそうです。

アメリカ航空宇宙ロケット用の防錆、除錆剤の開発過程で「水置換(Water-Displacement)」という理論が研究され、その試作40回目で出来上がったのがWD-40だそうです。頭文字を取っただけというのがアメリカ的ではありますが、5-56ももともとは製造会社の住所の番地が由来だそうですからネーミングセンスは似たようなものかもしれません。

5-56と比較して一番わかりやすい違いは持続性ですね。実際使ってみると潤滑性も防錆性もWD-40のほうが優れ、それが長続きすると感じます。大手のホームセンターや自動車用品店でも取り扱いはあるようですが、入手できない方のために当ショップでは少量で携帯にも便利なミニ缶をご用意しました。付属のノズルは装着すれば小面積の部分にもスプレーでき、保管時にはキャップに装着できます。

WD-40はKIRK BH-1/BH-3のメンテナンス剤としてメーカー指定されています。もちろんご家庭のサッシや蝶番の潤滑剤としてもどうぞ。

オススメ防錆潤滑剤
WD40.jpg画像

WD-40

防錆潤滑剤

100mlのミニ缶サイズ防錆潤滑剤WD-40です。

少量で携帯にも便利で、付属のノズルでスポット噴射も可能

BH-1/BH-3のメンテナンス剤としてメーカー指定されています。