がんばろう日本

ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • Wimberley/マーキンスKIRKModel
  • 雲台アクセサリー

クランプ

  • KIRKクイックリースクランプ
  • Arca-Swissクイックリースクランプ
  • Wimberleyクイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

KIRKカメラマウント

  • カメラマウント
  • カメラマウントアクセサリー

KIRKレンズマウント

  • レンズマウント
  • レンズマウントアクセサリー

KIRK撮影用品

  • 三脚用品
  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • 店長のオススメするアルカスタイルとは?
  • 店長のちょっと雑学とトヨ商事の真実
  • 店長のオススメするストラップを考える
  • スタジオJinのインストールサービス

カレンダー

2022年10月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2022年11月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

※赤文字の日は休業日です

HUSKY ヘッド一体型三脚 Traditional Model

husky_t1.jpg画像

日本で写真に関わった人であれば誰でも一度は聞いたことのある三脚「ハスキー」。その質実剛健さと変わらないスタイル、確実な操作感で日本デビューから半世紀以上たった今でも絶大な人気を誇る三脚です。世界初のジュラルミン製三脚、世界初のエレベーター付きセンターポール。以降に作られた全ての三脚のお手本となった三脚です。プロカメラマンにも愛用者が多く、写真学校でも「まず1本買うならハスキー3段」と教えられるそうで、まさに定番中の定番といえます。

「プロ用」と書かれたカメラ用品は多数販売されていますが、本当にプロカメラマンから高く評価され、様々な現場で実際に使用されている製品がどれだけあるでしょうか? おそらく日本にはHUSKY三脚を見たことも使ったこともないというプロカメラマンはいらっしゃらないと思います。

HUSKY三脚はデビュー以来、いわゆるフルモデルチェンジは一度もしていません。古い三脚には新しい部品が合わない、という不合理なモデルチェンジを繰り返してもいい方向に進むとは限らないからです。大きく変わったと言えるのは1983年に脚部強化リングが追加され、台板と足パイプが線接触から面接触に改良されたこと。見た目では1986年にEVポストがブラックに、1987年にストラップも赤から黒に変更されたぐらいかもしれません。

ただし細かな品質改良はいまも続いています。オーバーホールに入ってきた三脚の状態を見て、ネジ山の減りが大きいようなら材質を見直したり、メッキの強度が足りなければ方法や厚みを変更したり、細かなネジの長さや太さを再検討したりと、50年以上の時間にわたり鍛え続けられて現在の品質が確立されています。

脚パイプは厳選された最高品質のアルミ合金のみが使用され、高剛性かつ軽量というロケ時には不可欠な条件を両立させています。某超大手の金属メーカーにより生産されたパイプは肉厚も抑えられ、2段目以降のパイプもそれほど細くならずに脚を伸ばした時の剛性も確保できるような設計が可能となっています。また他社製品と重量を比較してみるとアルミ製三脚同士の比較のみならず、カーボン製と比較しても大差のないほど軽量に仕上がっています。

雲台部分の作りも素晴らしく「スッと動いてピタッと止まる」文字で書くと簡単ですが、実現できている雲台はごくわずかです。構図を決めてからぐっと締め込んだときのズレが極小であることも使いやすさに大いに貢献しています。まさに世界最高レベルの「動き」と「止まり」を味わうことができます。

脚部と雲台が分離できる三脚がほとんどを占める市場のなかであえて一体型にこだわるのは、撮影時や運搬時に雲台が緩んでしまう心配がなく、分離型よりも軽量に製造することができ、剛性面でも耐久性でも有利だからという理由にほかなりません。

製造は米クイックセット社から日本のトヨ商事に引き継がれ、2022年よりスタジオJinに全面的に移行しています。安易に国外の安価な部材を使用せず、最高の材質を使用して加工精度を追求し、ネジ1本に至るまで全ての部品を日本国内で生産しています。、当然組み立ても国内工場にこだわって品質管理も徹底しています。このことは同時に全ての部品が補修部品として用意されることを意味し、必要であればいつでも完全にオーバーホールをして新品の機能が回復できるという安心感を与えてくれます。

これらは全てプロカメラマンの要求する品質とアフターサービスを具現化したものにほかなりません。HUSKYを選ぶには理由があるのです。

※HUSKY三脚はプロカメラマンがその使用頻度で10年、20年と使用することを前提として製造されています。そのためあえて耐久性を重視した材質の部品が使用されている部分があり、使い始めは動きに渋さを感じたり、脚部のロックも若干甘いような、滑るような感覚を感じたりすることがあります。いずれも各パーツ同士が馴染んでくると解消されるかと思いますので、是非とも長くお付き合いください。

各部が馴染んでからが本当のHUSKYです。「for Professional」という言葉は飾りではありません。

HUSKYヘッド一体型三脚
商品コード 品 名 縮長 最低高 総伸長 EV幅 重量 耐荷重
HT-1030 3段 77cm 76cm 197cm 37cm 3.7kg 10kg
HT-1040 4段 82cm 79cm 249cm 37cm 4.2kg 10kg
HT-1050 5段 86cm 82cm 305cm 37cm 4.5kg 10kg
HT-1031 セミショート3段 65cm 62cm 149cm 26cm 3.3kg 10kg
HT-1041 セミショート4段 71cm 67cm 190cm 26cm 3.6kg 10kg
HT-1042 ショート4段 57cm 56cm 139cm 21cm 3.3kg 10kg
6件の商品がございます。
商品コード:
HT-1030

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚3段

当店販売価格(税込): 92,400
(税抜): 84,000
写真撮影用三脚の定番中の定番「ハスキー3段」ヘッド一体型モデル。
様々な場面で「使える」ことが最重要とされるプロ用三脚の完成形。
商品コード:
HT-1040

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚4段

当店販売価格(税込): 105,600
(税抜): 96,000
写真撮影用ハイアングル三脚の定番「ハスキー4段」ヘッド一体型モデル。
障害物の上からの撮影や不整地などで「伸ばせる」ことがストロングポイント。
商品コード:
HT-1050

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚5段

当店販売価格(税込): 118,800
(税抜): 108,000
写真撮影用ハイアングル三脚の定番「ハスキー4段」をさらに1段延長した5段のヘッド一体型モデル。
2階から見下ろしたようなアングルでの撮影が可能で、報道の現場や俯瞰撮影など特殊用途での撮影に威力を発揮。
商品コード:
HT-1031

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚セミショート3段

当店販売価格(税込): 91,300
(税抜): 83,000
写真撮影用三脚の定番中の定番「ハスキー3段」のヘッド一体型・バリエーションモデル。
トレッキングや移動時に少しでも縮長を押さえたい場合などに最適。
商品コード:
HT-1041

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚セミショート4段

当店販売価格(税込): 104,500
(税抜): 95,000
写真撮影用三脚の定番中の定番「ハスキー3段」の高さを確保したうえで縮長を抑えた4段として生まれたヘッド一体型・バリエーションモデル。
3段の高さは欲しいがどうしても縮長を抑えたい場合に最適。
商品コード:
HT-1042

【HUSKY】ハスキーヘッド一体型三脚ショート4段

当店販売価格(税込): 103,400
(税抜): 94,000
写真撮影用三脚の定番中の定番「ハスキー3段」のヘッド一体型・バリエーションモデル。
トレッキングや航空機での移動時など、セミショートよりもさらに短い縮長のモデルが欲しい場合に最適。