がんばろう日本

ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • Wimberley/マーキンスKIRKModel
  • 雲台アクセサリー

クランプ

  • KIRKクイックリースクランプ
  • Arca-Swissクイックリースクランプ
  • Wimberleyクイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

KIRKカメラマウント

  • カメラマウント
  • カメラマウントアクセサリー

KIRKレンズマウント

  • レンズマウント
  • レンズマウントアクセサリー

KIRK撮影用品

  • 三脚用品
  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • 店長のオススメするアルカスタイルとは?
  • 店長のちょっと雑学とトヨ商事の真実
  • 店長のオススメするストラップを考える
  • スタジオJinのインストールサービス

カレンダー

2022年11月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2022年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤文字の日は休業日です

商品コード:
LP-70

【KIRK】高剛性レンズフット LP-70

KIRK Enterprise Solutions(KES)により、2020年に発売されたNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sレンズのために専用設計され、純正フットを取り外して交換する高剛性レンズフットです。2022年発売のNIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S・NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR Sレンズにも適合確認が取れています。

KIRKが適合確認を出すということは形状が合うだけではなく、実写テストを経て撮影結果が向上することが確認されていることを意味します。

撮影結果に直結する設計

Nikon Zマウントの新大三元と呼ばれるレンズの1本となる70-200mm f/2.8 Sは、望遠ズームの定番として既に大人気のレンズです。また2022年にZ 100-400mm f/4.5-5.6、Z 400mm f/4.5レンズも同一形状のレンズフットで発売されました。いずれも純正フットはFマウントのレンズ同様にワンタッチで取り外せるよう設計されていますので、KIRK製に交換するにも工具は必要ありません。Nikon純正フットの品番が異なる理由はお問い合わせください。

KIRK製フットはバッテリーグリップやテレコン装着時など相対的にボディ側が重くなった際でもバランスが取れるよう逆T字形状にレンズ後方まで延長され、底面の前後長は約108mm確保されています。結果としてリング直下付近までスライドさせることが可能となり、バランスの調整幅は純正よりもはるかに広くなっています。純正フットにレンズプレートを重ねて装着するよりも低重心となるだけでなく、部品点数が少なくなることによる高剛性化・軽量化も同時に達成されます。最適化されたレンズフットでの撮影により間違いなく結果も変わってきます

純正三脚座底面にプレートを装着すると必ずといっていいほどプレートの緩みに悩まされますが、KIRK製フットに交換することで直接アルカスタイルのクランプに装着することが可能となりますので安定性は抜群です。底面の三脚ネジ穴は2ヶ所に設けられています(1/4-20in×1・3/8-16in×1)ので、一般の三脚や一脚へのネジ止め固定も純正と同様に行えます。もちろんレンズフードの逆付け収納時にも干渉しないよう配慮されています。

本物だけが持つ信頼性

KIRK製レンズマウントは6061-T6アルミ合金の塊(インゴット)からCNC(コンピュータ制御)加工により高精度で削り出し成型されています。軽量なアルミ合金の中でもAl-Mg-Si系の6000番台は耐食性が高く、T6熱処理により2017ジュラルミンに匹敵する強度まで高められた母材は競技用自転車や自動車・船舶・航空機など各種の部品から鉄塔やクレーンにまで用いられるハイグレードな金属です。加えて表面仕上げは塗装ではなく硬質アルマイトの硬度の高い皮膜で全体を覆うことにより着脱を繰り返しても傷がつくことはほとんどありません。これは傷がついたら見栄えが悪くなるという話ではなく、クランプで固定する際に傷が潰れただけでしっかりと締まっていなかったという失敗を回避するために必要な機能です。また固定ネジ類は錆の発生による強度低下の心配が少ないステンレス製となっています。

アルカスタイルのクイックリリースシステムではこの使用素材・切削精度・表面処理の3つが非常に重要な要素となり、どれが欠けても安定性、耐久性、安全性などに必ず問題が出てきます。なかには「航空機用アルミ使用」などと非常に曖昧な表示のメーカーもありますが、当然のことながら航空機でも強度の必要のない部分には1000番台の普通のアルミも使用されていますので、キチンと素材名が明示されていなければ全く意味がありません。アルカスタイルの広がりにより巣が入った鋳造アルミを塗装しただけというプレートも実際に流通しています。新品の見た目ではなかなか判断できない部分ですが、全ての面で間違いなく優れているからこそ当店ではKIRK製レンズマウントを自信を持ってオススメしています

また底面にはMAGPUL社のQD(Quick Disconnect)システムに対応するQDソケットが設けられ、ワンタッチでMAGPUL製スリング等の着脱が可能です。もちろんKIRKの設計に妥協はなく、アルミ合金をただ切削しただけでは金属同士の耐摩耗性に劣るためステンレス製の別パーツを圧入するという徹底ぶりです。もとは自動小銃などを肩から吊り下げ、同時に保持しながら射撃するための本物のスリングシステムですので信頼性は抜群です。QDシステムにつきましてはこちらのページで詳しくご案内しています。

高まる安全性

底面の前後両端にはセーフティスクリュー(Ver.2)を取り付けられるようになっています。

アルカスタイルではクランプを僅かに緩めるだけで簡単に重心バランスや撮影位置の調整ができることも特徴の一つですが、仰角や俯角を大きく取る撮影時には安全性の確保も重要です。セーフティースクリューを取り付けておけばスライドの限界でクランプに当たり、物理的に脱落してしまうことはありません。もちろん必要がなければ取り付けをせず、スライドさせて機材を着脱することも可能です。

さらなる安定性の向上のために

さらにレンズサポートブラケット(LS-1N)を装着するとレンズを2点支持することが可能です。

もともと円筒形で細長く、重量のあるレンズを1本のリングだけで支えることに無理があるのは明白です。手持ちでの撮影時にはレンズ先端に左手を添えて撮影される方も多いと思いますが、その役割を三脚座に持たせてしまうというアイデアで、2つのゴムローラーでレンズ先端を支えることによりブレの低減効果が期待されます。

レンズに合わせて専用設計されたフットに、さらに2点支持となる三脚座の圧倒的な安定感を実感していただくと、純正との違いに驚かれることと思います。

※アルカスタイルに対応するダブテイルは上下ダブルデザインで、フット部分上面にはレンズサポートブラケット(LS-1N)フラッシュブラケット(FB-CL・FB-TEL)の直接装着が可能です。

※全てのKIRK製レンズマウントはKIRK製クイックリリースクランプでの使用を前提として製造されています。

アルカスタイルと称して販売されていても他社製クランプは製品のバラつきが大きく、レバーリリースタイプは適合が非常にシビアです。特に中国製品ではメーカーごとの適合データを出せるような現状ではなく、脱落事故の情報も入っていますので安全のためKIRK製クランプとセットでご使用になることを強くお勧めします。

※バッテリーグリップをご使用の場合、または一体式のボディをご使用になる場合は、レンズフットを下向きにしたままでは縦位置グリップとのクリアランスが狭く指が入りにくい組み合わせがあります。この場合レンズフットは横向きまたは上向きに回転させてご使用ください。

※機材を三脚に装着したまま移動させることは危険ですのでお避けください。また撮影時にもクランプの緩みがないよう充分にご注意ください。

※QDシステムはMUGPUL製のみをご使用ください。コピー品など粗悪品の使用は厳禁です。また装着する際にはゴミや砂粒などの付着がないかをご確認いただき、確実に装着のうえご使用ください。

適 合

・Nikon NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S

・Nikon NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

・Nikon NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

材 質

本体:6061-T6アルミ合金から削り出し成型

表面処理:硬質アルマイトブラック/シルバーサテン仕上げ

重 量 約103g
外形寸法

全長:約108mm

全幅:約38mm(ノブ含まず)

高さ:約31mm

固定方法 純正三脚座と交換(ワンタッチ交換式)
付属品

・セーフティスクリューVer.2 #4-40inネジ×2

・セーフティスクリュー用 3/32in六角レンチ×1

生産国 アメリカ合衆国
出荷予定日

【店内在庫がある場合】→カゴに入れるボタンの上に在庫数「残りあと○○」と表示

▶クレジットカード・代金引換決済 ⇒ ご注文確認の次営業日に発送

▶銀行振込決済 ⇒ ご入金確認の次営業日に発送

【店内在庫切れの場合】→カゴに入れるボタンの上に「在庫:0」と表示

▶通常通りご注文いただけますが予約注文となり、原則として翌月の入荷となります

 (一時的なメーカー在庫切れの場合の納期は別途お知らせいたします)

配送方法

送 料

ゆうパック画像

・郵便局のゆうパックにて全国一律800円(税別)でお届けします

・他の商品と一緒にご注文で同梱が不可能な場合には送料変更の可能性があります

・離島や地域による追加料金をいただくことはありません

・その他の配送方法には対応できません

当店販売価格(税込):
19,800
(税抜):
18,000
ポイント: 180 Pt
関連カテゴリ:
KIRK レンズマウント > KIRK レンズマウント Nikon用
数量:

在庫: 0

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • スムーズに交換、取付出来ました。

    2022/10/26 投稿者:Koiti おすすめレベル:★★★★★

    本日、交換取付をしましたが特に問題なくスムーズに作業できました。ひとまず手持ちの各社のクランプにも取付、固定できましたので一安心です。
    今回、店舗にお伺いし店頭にて購入をさせていただいたのですが店長さまにはお忙しい中、時間を割いてご対応いただきありがとうございました。
    ハスキーに関するお話しもお伺いしましたが店長さまのハスキーに対する思い入れをお聞きし思わず3段を1本、中古ではありますが購入をしてしまいました。
    また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。

    店舗より : 2022/10/27
    先日はご来店いただきありがとうございました。
    LP-70は今後の撮影のお役に立てば何よりです。
    ハスキーはトヨ商事の小竹社長の情熱にはとてもかないませんが、引き継いだ以上はしっかり運営していきたいと思っています。
    また何かありましたらお気軽に声をお掛けください。

  • 注文そのものはできますでしょうか?

    2022/05/28 投稿者:Z100-400に使う予定です おすすめレベル:★★★★★

    LP-70の注文そのものはできますでしょうか?
    在庫がゼロとなっていたため質問しました。よろしくお願い致します。


    追記:(ここに書くことではないのかもしれませんが)LeofotoのNF-05はZ70-200には使えましたが、Z100-400には使えませんでした。寸法は同じだと思うのですが、しっかりと固定できませんでした...。

    店舗より : 2022/05/30
    LP-70は5月に50個ほど入荷したのですが、お待ちのお客様全てにお届けすることができず完売となってしまいました。
    確実に入手していただくためには先にご注文だけ頂いておいて入荷までお待ちいただくという方法しかご案内できず申し訳ありません。
    ご注文ページにてご案内の通り、在庫ゼロでご注文いただいた場合は予約注文となります。
    他社の適合まではすべて把握しておりませんが、LP-70はもちろんZ100-400にも使用できることはKIRK本社での撮影テストを経て確認されています。

  • 待ちますよ。

    2022/04/07 投稿者:必撮列車人 おすすめレベル:★★★★★

    Nikon Zマウントシステムの登場後、少しずつ Fマウント→Zマウントへ移行し、昨年やっと Z 70-200mmf/2.8 を手に入れました。
    当然のように(?)レンズフットも KIRK の LP-70 に交換。それ以来、撮影時は大活躍です。(書き込みがだいぶ遅くなりまして失礼しました)
    相変わらずしっかりした造りで、手放せないです。レンズフットの交換は、Fマウントの時からのお約束です。セッティングや撤収時等、機動性が抜群なので、もうアルカスタイルの運用から逃れられません(笑)。
    つい先日 Z 100-400mm も導入、その分の LP-70 も発注しています! が、しかし。
    昨今のコロナや世界的な物流の問題等で、なかなか入荷せず大変なようです。が、1つは有るので、とっかえひっかえ使いながら、もう1つは気長に待つことにします。
    これからも益々Studio Jin 様に期待します。

    店舗より : 2022/04/07
    商品入荷まで大変お待たせしており、ご不便をお掛けして申し訳ありません。
    いち販売店としましてはメーカーが出荷してくれないことには何もできないというのも事実ですが、ご注文を頂いている以上はメーカーも販売店も一日も早くお届けしたいというのが本音でもあります。
    仰る状況に加えて、原料となるアルミ材価格の高騰と流通量減少によって入手困難という現状は北京オリンピックやウクライナ問題からも影響を受けており、全ての問題を一気に解決するのは難しいですね。
    早く以前の状況に戻ってほしいと祈るしかできないのも歯がゆい毎日です。