がんばろう日本

ツイッター

HUSKY三脚・一脚

  • HUSKYKIRKModelヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド一体型三脚
  • HUSKYヘッド分離型三脚
  • HUSKYローライダー
  • HUSKY一脚
  • HUSKY純正パーツオリジナルアクセサリー

雲台/ヘッド

  • HUSKY3DヘッドKIRKModel
  • KIRKジンバル雲台
  • KIRK自由雲台
  • KIRK一脚用雲台
  • Arca-Swiss/アルカスイス自由雲台・ギア雲台KIRKModel
  • Wimberley/ウィンバリージンバル雲台
  • Wimberley/マーキンスKIRKModel
  • 雲台アクセサリー

クランプ

  • KIRKクイックリースクランプ
  • Arca-Swissクイックリースクランプ
  • Wimberleyクイックリースクランプ
  • クランプアクセサリー

KIRKカメラマウント

  • カメラマウント
  • カメラマウントアクセサリー

KIRKレンズマウント

  • レンズマウント
  • レンズマウントアクセサリー

KIRK撮影用品

  • 三脚用品
  • カメラサポート用品
  • カメラクリップシステム
  • 接写・マクロ用品
  • フラッシュブラケット
  • ストラップ・アクセサリー

  • 工具・アダプター・ネジ類
  • インチ・ミリ規格ネジ単品
  • インストールサービス
  • アウトレットコーナー

特集コーナー

  • 店長のちょっと雑学とオススメ工具のご紹介
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その1~
  • 店長のやっぱり気になるReallyRightStuffライバル比較~その2~
  • 店長のちょっと雑学とHUSKYの真実
  • 店長のちょっと雑学と三脚選びの基本
  • 店長のオススメするクイックリースの極意
  • 店長のオススメするアルカスタイルとは?
  • 店長のちょっと雑学とトヨ商事の真実
  • 店長のオススメするストラップを考える
  • スタジオJinのインストールサービス

カレンダー

2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

※赤文字の日は休業日です

商品コード:
BL-1DXN

【KIRK】Canon EOS-1D X/EOS-1D X Mark II専用L-ブラケット

KIRK Enterprise Solutions(KES)により、Canon EOS-1D X専用に設計されたL-ブラケットです。ほぼ同じ筐体でリニューアルされたEOS-1D X Mark IIにも使用可能です。

マイナーチェンジによりMAGPUL規格のQDソケットが増設されました。

別次元のフィット感

KIRKではまず市販版のカメラボディを実際に購入し、実機を元に各部計測・型取り等をしたうえで設計が始まります。どのカメラにも使えるという汎用性は、逆に言えばどのカメラにもぴったりとは合わないことを意味します。その汎用性をあえて捨て去り、妥協なくフィットさせることから生まれる安定性を最優先としたデザインです。KIRK製L-ブラケットはそれぞれのボディ底面の湾曲や凹凸に完全に沿うよう設計され、前後にも回転方向へもズレてしまうようなことはありません。

またそのデザインから、カメラと接する部分にコルクやゴムなどを挟む必要もありません。わずかでも弾力のあるコルクやゴムのたわみが振動やブレの原因となってしまうこともあります。

そしてそのデザインは、L-ブラケットを装着したままで全てのスイッチ操作とバッテリーの着脱、ボディ左側面のアクセサリーターミナルの使用を可能にしています。もちろん三脚使用時には必須のリモートスイッチもきちんと使用できるよう、プラグ部分を避けた形状に成形されています。

なお底面の固定ネジを緩めてL-ブラケットをスライドさせれば底面の固定ネジを緩めてL-ブラケットをスライドさせればGPSレシーバーGP-E1やワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E6Bを装着することもでき、アクセサリーターミナル使用時にコネクターやプラグがクイックリリースクランプに当たらないようにスペースを確保して固定することが可能です。(スライド幅:約25mm)

湾曲も凹凸もあるカメラ底面にコルクやゴムの滑り止めを挟んで平らなプレートを取り付けるという、いままでの「クイックシュー」とは別次元のフィット感をぜひ体験してください。

圧倒的な安定性

通常の縦構図は雲台側を90度傾けての撮影となりますが、同時に機材の重心も左右に大きく移動してしまいます。その結果として安定性の低下によりブレを誘発しやすくなるだけでなく、三脚の転倒や機材の損傷につながる恐れもあります。

カメラにL-ブラケットを装着しておけばクイックリリースクランプからワンタッチでカメラを取り外し、またワンタッチで縦位置に固定することが可能です。これで縦構図撮影時の大幅な安定性の向上とともに、構図や光軸が左右へズレてしまうという問題からも解放されます。

三脚座のついた望遠レンズではレンズを中心に90度回転させて横・縦の構図変更ができますが、同様のことがボディ側でも可能になることは広角・標準レンズ使用時の大きなアドバンテージとなります。

新たな価値を付加

素材となる6061-T6アルミ合金は非常に軽量なうえに強度はジュラルミンに匹敵し、耐食性も良好です。さらに表面処理は硬質ブラックアルマイト仕上げで傷もつきにくく、着脱を繰り返してもサイズの変化がほとんどありません。

L-ブラケットはボディ底面の三脚ネジ穴に付属のネジと六角レンチで固定します。あえてひと手間かけて工具を使用する仕様となっているのは、締め加減がわかりやすく確実な装着が可能な唯一の方法だからです。

しっかりと固定されたL-ブラケットはKIRK製グリップやストラップなどアクセサリー類の装着ベースとしても使用可能で、三脚や一脚に固定する以外の用途も広がります。また底面には別の三脚ネジ穴が増設されていますので装着したままで一般の三脚や一脚に固定することも可能です。さらには車のバンパーのようにボディやアクセサリー端子類を万が一の衝撃から保護してくれる働きも期待できます。

品番末尾にNが付いたモデルからは新たにMAGPUL社のQD(Quick Disconnect)システムに対応するQDソケットが設けられ、ワンタッチでMAGPUL製スリング等の着脱が可能となりました。アルミ合金をただ切削しただけでは金属同士の摩耗には弱いので、ステンレス製の別パーツを圧入するという徹底ぶりです。もとは自動小銃などを肩から吊り下げ、同時に保持しながら射撃するための本物のスリングシステムですので信頼性は抜群です。

高性能、多機能な現代のデジタルカメラのさらなる付加価値となり、使い勝手を向上して撮影や表現の幅が大きく広がるパーツです。

※商品画像にはマイナーチェンジ前(QDソケット増設前)のものが含まれますが、基本形状に変更はありません。

※このL-ブラケットはKIRK製クイックリリースクランプでの使用を前提として製造されています。

同じアルカスタイルでも他社製クランプへの適合データはありません。特にレバーリリースタイプはメーカーごとに微妙な差がありますので、安全のためKIRK製クランプとセットでご使用になることをお勧めします

※このL-ブラケットには滑落防止セーフティースクリューの取り付けはできません

機材を三脚に装着したまま移動させることは危険ですのでお避けください。また撮影時にもクランプの緩みがないよう充分にご注意ください。

適 合

・Canon EOS-1D X

・Canon EOS-1D X Mark II

材 質

本体:6061-T6アルミ合金から削り出し一体成型

表面処理:硬質アルマイトブラックサテン仕上げ

固定ネジ:ステンレス製

重 量 約170g
固定方法 1/4インチネジ・六角レンチにてカメラボディに固定(三脚ネジ穴使用)
付属品

・L-ブラケット固定用 1/4-20inネジ×1

・L-ブラケット固定用 5/32in六角レンチ×1

生産国 アメリカ合衆国
出荷予定日

【在庫がある場合】

▶クレジットカード・代金引換決済 ⇒ ご注文確認の次営業日に発送

▶銀行振込決済 ⇒ ご入金確認の次営業日に発送

【在庫がない場合】

▶在庫:0の表示でもご注文いただけますが予約注文となり、原則として翌月の入荷となります

 (一時的なメーカー在庫切れの場合の納期は別途お知らせいたします)

配送方法

送 料

ゆうパック画像

・郵便局のゆうパックにて全国一律800円(税別)でお届けします

・他の商品と一緒にご注文で同梱が不可能な場合には送料変更の可能性があります

・離島や地域による追加料金をいただくことはありません

・その他の配送方法には対応できません

当店販売価格(税込):
32,835
(税抜):
29,850
ポイント: 298 Pt
関連カテゴリ:
KIRK カメラマウント > KIRK カメラマウント Canon用 > L-ブラケット
数量:

在庫: 0

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください

  • こだわり一品

    2017/09/01 投稿者:トキ おすすめレベル:★★★★★

    ボディ専用設計と言うだけあって、本製品を装着したままでインターフェースケーブルやレリーズを接続する事ができます。
    バッテリーも当然着脱できるのですが、ブラケット表面から思いの外深いため、バッテリーロックが外しにくいかも知れません。
    あと、wi-fiトランスミッターも装着させていますが、これを見越して窪みがあるのはさすがだと思いました。
    ただ、窪みいっぱいまでブラケットを寄せると(三脚ネジ取り付け部が長穴になっている)
    縦設置の時に自重で若干ブラケットがたわんでトランスミッターに干渉しますので、
    心配な方はトランスミッターとブラケットに少し隙間ができるように長穴の所で調整されたほうが良いと思います。

    店舗より : 2017/09/01
    詳細なレポートありがとうございます。
    1DXを含め、最近のカメラはほとんどが外装にゴム部品が使用されていますので、L-ブラケットが若干動いてしまうことは避けられません。
    ブラケットのたわみもゼロではないと思いますが、この動きとの両方を考慮する必要があると思われます。
    もしかするとトランスミッターとL-ブラケットの間に薄い硬質ゴムのようなものを挟んでから固定するとより安定するかもしれません。

  • 信頼できる商品情報

    2016/09/01 投稿者:Canon 1DX2ユーザー おすすめレベル:★★★★★

    今回、この商品を含めて4点購入しました。三脚使用での縦位置撮影の安定性と、セッティングのしやすいものを探していて、遠方の大手家電店にもいったりしましたが、ネットで検索していてこちらのお店をみつけました。HPの情報量や商品説明、商品へのこだわり、サポートなどから信頼できるお店だと判断して、4点購入しました(あと他に3点追加で入荷待ちです)。HPの在庫情報も正確で、在庫があるものは即発送していただきました。商品の性能はHPでの説明の通りで、安心して利用できるお店だと思いました。今回、時間差で分けて注文してしまったのですが、同梱して送料も1つにまとめていただきありがとうございました。
    このL-ブラケットは一点固定ですが、カメラのボディにピッタリとフィットし、素材も強度があり軽く、装着したままカメラの端子部も使えるので、まさに探していた商品そのものでした。一緒に購入した【HT-1003K:ハスキー 3段 KIRK Model オリジナル三脚】に【L-ブラケット】と【1DX2】を設置してみると、安定感は求めていた通りのものです。これからの撮影が楽しみです。

    店舗より : 2016/09/02
    私自身もL-ブラケットは既になくてはならないものになっています。いったん慣れてしまうと装着していないボディは持ち出す気になりませんね。
    商品説明はなるべく細かく記載するようにしておりますが、誇張することなくシビアな目をお持ちのお客様に納得していただける情報であるよう努めております。
    このシステムをHUSKYで安定して運用したいというのも、もともとは私の個人的な願望でした。
    撮影のお役に立てれば何よりです。

  • ユーザーに対する対応

    2016/06/20 投稿者:ジーエス おすすめレベル:★★★★★

    過去にLブラケット(キヤノン5DⅢ)やクイックリリースクランプなどで3回(すべて在庫あり)利用しています。今回は在庫待ちの約1ヵ月前の注文時から、入荷予定日の事前連絡、入荷連絡・発送連絡まで適宜的確な対応で、全くの安心対応でした。これは日頃の対応が常に「ユーザーファースト」に徹したものであり、他店ではここまで完璧と言える対応はなく、少なくともは私は経験していません。
    Lブラケットについては1D系は1点止めということで、安定性でやや不安を感じる点があるのは事実です。5DⅢと違ってカメラのボディサイドの形状上、2点目の固定は困難なようだが、メーカーに対してはなお一層の改善が図られることを期待しています。

    店舗より : 2016/06/21
    このたびは入荷まで大変お待たせしたにもかかわらずお褒めの言葉をいただきありがとうございます。KIRKというのも小さな会社ですので、注文が集中してしまったり何かトラブルがあったりすると生産が間に合わなくなってしまうことがあります。いち販売店としましてはメーカーから入荷がなければどうすることもできず、結果的に長期間お待たせすることとなってしまい申し訳ありません。
    L-ブラケットの固定方法につきましては、撮影スタイルにより賛否両論ありますね。ボディ左側のラバーハッチ内の端子を積極的に使い、また縦構図撮影の多い方は5D3などでも1点固定としてすぐにスライドさせられるようにしている方が多いようです。
    またボディ形状的にも難しい機種があることも致し方ない部分ですので全ての機種では実現できませんが、剛性的には全く問題がないと思っています。